三菱ケミカルホールディングス
ショールーム「KAITEKI SQUARE」

SDGs達成に向けた取り組みの大切さを体験型大型映像で楽しみながら学ぶ

最大30名が同時に体験できるインタラクティブシアター。幅16m、高さ2.7mのラウンドスクリーンで没入体感

事例概要

三菱ケミカルホールディングスグループ(MCHCグループ)の特長やビジョンである「KAITEKI実現」を紹介するショールームです。ターゲットは、MCHCグループと共創をめざす国内外のビジネスパートナー。KAITEKI SQUAREは、KAITEKI THEATERとMCHCグループ製品や技術の展示ゾーンで構成されています。KAITEKI THEATERでは大型ラウンドスクリーンを使用し、未来世界を描いた映像を楽しむことができます。
※ご来館へは、MCHCグループ社員を通じてのご予約が必要です。

課題/テーマ

MCHCグループの技術、取り組みやビジョンについて、国内外のビジネスパートナーに分かりやすく伝えるとともに、楽しみながら理解していただける空間にすること。

解決策/実現策

SDGs達成への貢献に注目し、SDGsを理解して行動につなげていくことが、MCHCが経営理念のビジョンとして掲げている「KAITEKI実現」につながるというメッセージを伝えるために、オリジナルの映像コンテンツを制作しました。ストーリーに組み込まれたクイズに来館者が回答し、その結果によりエンディングが変わるマルチエンディング構成とし、何度でも来たいと思わせる仕掛けを施しています。海外からの来館者にも楽しんでいただけるよう、日英中3か国語のコンテンツを用意しました。

環境配慮設計

塗装材料などでは、有機化合物の少ないものを使用し、来館者の健康に配慮しました。全ての照明器具や大型プロジェクターにはLEDを使用し、省エネを目指しました。シアター空間のため、暗がりでの危険防止を考慮し、什器の角に丸みをつけて安全性を確保しました。

事業主

(株)三菱ケミカルホールディングス

業務範囲

進行管理、施工監理:ダイヤリックス(株)
デザイン・設計、制作・施工、映像ソフト制作:(株)丹青社

当社担当者

プロジェクトマネジメント:大和谷 久、太田 尚志
プロデュース:河村 徹
コンテンツディレクション:岸井 景子
デザインディレクション:小岩井 淳雄
テクニカルディレクション:安田 篤史

所在地

東京都

オープン

2019年4月

ウェブサイト


https://www.mitsubishichem-hd.co.jp/

シアターではセミナーも開催できる。社内外のステークホルダーとのコミュニケーションに活用
展示エリアを観た後に未来のビジョンが体感できる「KAITEKI THEATER」へ
KAITEKI SQUAREはお客さまとともにKAITEKIを考える施設として、本社ビル内に2012年に開館
展示エリアでは、KAITEKI実現に向けて展開している製品や、研究開発に取り組んでいる技術などが紹介されている
撮影:御園生 大地
実績紹介に記載されている情報は、掲載時点のものです。
その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。