コラム

企業の歴史を伝える企業ミュージアムの可能性

Date: 2022.07.22

日本は長い歴史をもつ企業が多く、歴史展示として自社の歴史を一般消費者やお客さま、関係各社に紹介する事例も多く見られます。本コラムでは、企業が歴史展示を行うことでのメリットや施設で取り組む際のポイントをご紹介します。

歴史展示によるメリット

企業が歴史展示を行うメリットは大きく2つあります。

 

1. 企業のブランディング向上

企業は、製品やサービスそのものだけではなく、その企業に対するイメージなど、様々な要因で評価、認識されています。
長い歴史を持つ企業や社会に大きな影響を与えた企業は、その歴史や取り組みを紹介することを企業全体の印象を向上させることができ、他社との差別化を図ることができます。
このことはマーケティングや営業面での影響だけではなく、人材の獲得にも影響を与えます。

 

2. 社員のエンゲージメント向上

企業は歴史を重ね、規模が大きくなると、社員が自分の業務や部門以外のことを把握し、理解することが難しくなります。事業の垣根を越えて新規事業を立ち上げたり、異なる部門同士が交流することで高い価値を創出することが求められる現代においては、社員が自社のことを理解し、帰属意識を高めることは重要です。
企業の歴史や過去の取り組みを社員に見せることで、自分たちの原点や目指すべき姿を考え、認識することができ、企業の一員としての意識を高めることができます。

このように、歴史展示は単なる情報発信ではなく、企業の内外に大きなメリットをもたらすことができます。

歴史展示としての機能をもつ「企業ミュージアム」とは

歴史展示は様々な場所で取り組まれていますが、企業ミュージアムを設立して行われることも多くあります。
企業ミュージアムとは、企業が様々な情報を発信したり、体験を提供するために設立される施設ですが、近年は様々なコンセプトや手法が採用され、魅力的な施設が増えています。
その中でも、自社の歴史や文化の展示を目的として設立されるケースは良く見られます。
ただ、近年は単に歴史を展示するだけの施設に留まらず、体験性の高い仕掛けを組み込むなど多くの人が楽しめる工夫を取り入れているミュージアムが増えてきています。

歴史展示のデザインのポイント

歴史展示を施設で行う場合、より良い印象をより強く感じてもらうことが重要になります。
それを実現するために重要なデザインのポイントを3つ紹介します。

 

①出す情報の整理をする

歴史の長い企業や規模が大きい企業であればあるほど、展示によって伝えたいことや展示したい史料は多くあります。
しかし、展示を見る側からすると、あまりにも多くの情報に触れるとかえって印象が薄くなったり、記憶に残りにくくなります。
伝えたいこと、特に知ってもらいたいことを考え、情報や資料を整理することが重要です。

 

②順序立ててストーリーをつくる

伝えたいことを整理したうえで、展示する順番やストーリーを考えることが重要です。
展示を見る人にとって、どのような順番であればわかりやすいのかを考えます。
年代順で展示するだけではなく、事業テーマや特に有名な製品やサービスを起点として展開することも有効です。

 

③どのように伝えるべきか、手法を工夫する

施設での展示は文字や写真だけではなく、様々な手法をとることができます。
昔の史料や製品などの実物を展示したり、創業者の想いや行動はわかりやすく映像として見せたりすることもできます。
施設ならではの手法の多さを活かして、記憶や印象に残る方法を選んで展示を組み立てることが重要です。

ここに挙げた以外にも、案内係が説明することなど、展示をつくる以外にも工夫できる点が多くあります。
展示をみる側がどのように感じるのかをもとに、歴史展示を考えることが重要です。

まとめ

企業の歴史展示は、ブランディングやインナーブランディングの施策として有効な手段です。
歴史展示を計画する際には、単調にならず、記憶や印象に残る工夫が重要であるため、企業ミュージアムは歴史展示に最適な手段です。
丹青社では、企業ミュージアムの企画、設計、制作、運営を一気通貫でお手伝いしております。
興味のある方はまずはお気軽にお問い合わせください。

【企業ミュージアム制作事例】
いすゞプラザ~車づくりを見て体験して学ぶ中で、ものづくりの精神も感じ取れる施設
サッポロビール博物館~140年の歴史を紹介する国内唯一のビール博物館

関連するコラム