丹青社とつくる企業ミュージアム

ひとつとして同じ企業はないから
それぞれのお客さまを
よく知ることから始めて、施設をつくっていきます。
対話を重ねることで、想いはかたちになっていく。
共感や、驚きや、感動や、夢が伝えられる場所へ。

訪れる前よりも来場者にその企業を好きになってもらうこと、
社員の自社に対する愛着を深めてもらうことが
わたしたち丹青社の喜びです。

Pick Up

ピックアップ

Collaboration

ともに作ってきた
企業ミュージアム

Case

事例一覧

コラム

Column
Introduction

企業ミュージアムづくりを
始めるまえに

ほとんどの方にとって企業ミュージアムを作ることは初めてだと思うので、
何でも相談できるパートナーでありたいです。
どんなに小さなことでもお気軽にご相談ください。
これまでに多様な空間づくりを手がけてきた丹青社のノウハウを
存分に活用していただければと思います。

企業ミュージアム
の役割

Importance

企業ミュージアムは企業の歴史や理念、製品や技術、文化的なコレクションを展示するとともに、
リアルな空間での体験を通じあらゆるステークホルダーとのコミュニケーションを図るメディア(媒体)となるものです。

企業やブランドを深く知ってもらうだけではなく、
製品、技術を向上させるプロセスや想いまでも感じてもらうことでエンゲージメントを高めること、
施設の運営を通してコミュニケーションを生み出すこと、
イノベーションのきっかけをもたらすことなどさまざまな効果が期待できますが、
「ここでしか味わえない体験をしてもらうこと」が、もっとも大切なポイントです。

今回は4つの役割についてご紹介します。

Flow

企業ミュージアムづくりの流れ

企業ミュージアムで何を訴求するかが企業のブランディングにおいてますます重要になっている時代、
その在り方や機能は多様化しています。
丹青社は各企業のご要望に柔軟にお応えするために、きめ細かな打合せを行い、
基本の進め方を適宜アレンジしてご提案します。

お客さまの声・資料ダウンロード

Download
News

お知らせ