コラム

体験型ミュージアムとは?子どもから大人まで楽しめる五感を刺激する新空間

Date: 2024.01.15

近年、博物館や美術館、科学館などにおいて、体験を重視した展示コンテンツが提供されています。そうした体験型のミュージアムにはどのような魅力があるのでしょうか。
今回は、具体的な事例を通じて、体験型ミュージアムの特徴をご紹介します。

体験型ミュージアムとは

体験型ミュージアムとは、五感を刺激する展示体験や体験型プログラムが提供されるミュージアムのことを指します。

従来のミュージアムのように、ただ展示物を目で見て鑑賞するだけではなく、展示物に触れたり、実際に動かしたりするなどの体験を通じて、より展示の理解を深めることができます。

体験型ミュージアムは、博物館や美術館、科学館などさまざまな分野において展開されています。

体験型ミュージアムの魅力

体験型ミュージアムには、多数の魅力があります。主なものを4つご紹介します。

 

1.直接的な体験が可能

体験型ミュージアムでは、展示物をただ見るだけでなく、直接触れたり、操作したりすることで、より深く展示物やその展示物の意味を理解することができます。これは特にミュージアムに訪れる子どもにとって有益です。なぜなら、幼児から小学生までの子どもにとっては特に、文章や見るだけではなかなか理解できないコンテンツもあり、五感を通じて体験することで、直接的に対象の理解促進につながると考えられるためです。また自ら触れたり、動かしたりすることで興味関心が高まり、より学習意欲を高めます。

 

2.実践的な学習が可能

体験型ミュージアムでは、実際に手を動かして何かを作ったり、実験を行ったりすることで、意味や理論の理解だけでなく実践的な知識も身につけることができます。特に実践でしか得られない体験的な知識は、人の記憶に残りやすいといえます。

 

3.運営者と来館者の一体感が生まれる

体験型ミュージアムは、来館者とミュージアム運営スタッフが共同で活動を行うこともあることから、協力やコミュニケーションを通じて一体感が生まれます。ただ体験を提供するだけでなく、一体感が得られることで、より一層、体験価値を高めてくれるでしょう。

 

4.エンターテインメント性が高い

体験型ミュージアムは、来館者が楽しみながら学べるため、単なる学習の場としてだけでなく、エンターテイメントとしての価値もあります。楽しい遊びの要素のあるエンターテインメント施設を求めて来館する層を惹きつけることもできるでしょう。

体験型ミュージアムの事例4選

体験型ミュージアムは具体的にどのような展示が行われているのでしょうか。事例を4つご紹介します。

 

1.ヤンマーミュージアム

ヤンマーグローバルエキスパート株式会社の「ヤンマーミュージアム」は、将来を担う子どもたちが同社の事業につながる体験を通して企業理念を伝え、楽しみながら学び、チャレンジ精神を育むことができる企業ミュージアムです。

「やってみよう!わくわく未来チャレンジ」をコンセプトに、同社の事業フィールドや目指す社会をテーマにしたコンテンツをそろえています。

シアターにて創業者のチャレンジ精神を紹介した後でチャレンジエリアに移動し、畑を耕す農作業や本物のショベルカーの操縦、養殖・漁獲のサイクルの体験など没入感の高いコンテンツを提供。チャレンジ終了後、ポイントシステムによって積極的にチャレンジしたくなる仕組みも構築しました。

 

2.容器文化ミュージアム

東洋製罐株式会社の「容器文化ミュージアム 」は、容器包装の文化を発信するミュージアムです。

創業以来「包む」技術を通じて社会貢献してきたことを背景に、容器文化を分かりやすく発信し、子どもをはじめとした誰にでも楽しんでもらえる施設を目指し、太古の昔から最新の容器包装まで、その歴史や技術・工夫を紹介しています。

展示アイテムや解説は、子どもたちにもわかりやすく、触って楽しめるものとなるよう工夫を凝らしました。

巨大な容器の造形による体験型の展示で最新の容器を紹介したり、ゲームによる体験型展示や手描きイラストを用いたグラフィックなど、子どもにもわかりやすく、楽しめるコンテンツを多数展開しました。

 

3.いすゞプラザ

いすゞ自動車株式会社の「いすゞプラザ」は、車づくりを見て体験して学びながら、同社のものづくりの精神も感じ取ることができる施設です。

日常生活における商用車との関わりをジオラマから学べるゾーンやトラックができるまでの工程を展示したゾーン、歴代の車両を時代背景と共に紹介するゾーンで構成されています。

子どもには分かりやすく、同時に大人でも満足できる展示を実現することを目指しました。

解説ではテキストやモニター映像に加え、実物の車体・部品・工具類も展示し、より理解が深まるよう工夫しているほか、ものづくりの現場を体感してもらうため、トラックづくりの工程を楽しんで学べる体験型展示も充実させました。

 

4.東芝未来科学館

株式会社東芝の「東芝未来科学館」は、スマートコミュニティを実現する同社の技術や科学技術の素晴らしさを伝え、過去と未来について体験しながら学べる施設です。

創業時を伝えるヒストリーゾーンのほか、ライブ感あふれる科学実験やワークショップを行うサイエンスゾーンではステージも設けられており、スタッフによるライブ感あふれるステージで、科学の楽しさを伝えています。

また最先端の技術をゲーム感覚で半導体について楽しく学べる体験型装置の設置も行い、子どもたちが有意義な体験ができる場を提供しながら、幅広い事業領域を紹介しました。

体験型ミュージアムをお考えなら丹青社にお任せください!

丹青社は、空間づくりのプロフェッショナルとして企業ミュージアムをはじめ、年間6,000件を超えるプロジェクトをお手伝いしてきました。これまでの豊富な経験を活かし、ご要望に合わせた施設を一緒につくりあげていくことが可能です。

体験型ミュージアムに関しても、施設コンセプト企画から展示企画、デザイン・設計、制作・施工まで幅広くお手伝いさせていただくことができます。

体験型ミュージアムをはじめ、企業ミュージアムの設立をご検討の方は、ぜひお気軽にご相談ください。

無料お役立ち資料

関連するコラム